電子タバコ「VAPE]って何

電子タバコ「VAPE」は、日本ではまだ知名度が低いかもしれませんが、アメリカでは有名なセレブが使用していることから、ファッションの一環として人気があります。電子タバコと聞いて1番気になるのは、普通のタバコと何が違うかということですよね。VAPEの主な構造は、カートリッジ、アトマイザー、バッテリーの3つから成っており、ミントやフルーツなどの味や香りがする液体をバッテリーによって加熱することで発生した水蒸気を吸引します。日本国内で扱われるVAPEには薬事法で禁止されているためニコチンが一切含まれていませんので、禁煙中の口寂しさを紛らわせる程度の効果はあるかもしれません。衣服や室内のニオイが気にならないというメリットもあります。また、使用できる年齢についての法律は定められていませんが、トラブルを避けるためにも20歳になってからの使用をおすすめします。

電子タバコVAPEの内容

電子タバコVAPEとはタバコという名前がついていますが、本物ではありません。煙も専用のリキッドを使用しており、それが熱せられた水蒸気が煙となって出てきます。なので、副流煙に含まれるような人体に悪影響を及ぼすものは入っていません。リキッドとは香りつきの液体であり、好みのリキッドを使用することができます。また、1日1箱程度吸っている人でも2~3日分の費用で1カ月ほどもたすことができるので非常に経済的で体にも良いです。本体を充電する必要があり、電気代が多少かかるものの、ライダーを購入することを考えると気になる程度のことではないです。もっと普及すれば良いのですが、いまいち周りの人に知られていないのが現状です。リキッドもコンビニで気軽に売っていると普及しやすいのですが、販売されている場所もお世辞にも多くないので、それが普及に歯止めをかけています。

VAPEの周りのイメージ。

VAPEは吸い殻も出ず煙がすぐ消え、煙も無害ですが、他の人にそれが伝わっているのかは難しいところです。たとえ、たばこの煙のように禁止場所がなくても場合によっては、VAPEを吸う人を人がどう見ているか意識しておく必要があります。電子タバコの迎えの煙でも煙を吸っている姿を見ると、たばこを吸っているというイメージを与えます。そのことで勘違いされてトラブルになったという話はよくあることです。おんなじ理由で、建物などで電子タバコを吸うことは控えましょう。建物の中は、空気の通りが悪いので煙によっては、残り香が残りやすくなります。海外においては、全席禁煙のレストランであっても、電子たばこを吸ってる人もいるので、店の人が頭を抱えているのも事実です。電子タバコは未成年が吸っても、罪にはなりませんが、周りのイメージは良くないので、できるだけ20歳になってからの方がいいです。

http://www.vapestudio.jp/電子タバコ(VAPE)が、禁煙中に感じる口寂しい気持ちを満たしてくれます。 水蒸気をふかして煙を出すのでタバコを吸っているような気分が味わえます。 アーティストとのコラボなど海外では禁煙道具ではなく、おしゃれなアイテムとして認知されています。 一般的な電子タバコはバッテリーとリキッドを入れるアトマイザーとマウスピースから組み立てられます。 おすすめの通販サイトはここです→http://www.vapestudio.jp/